事業案内

ホーム > 事業案内/物流業務

物流業務


全国30箇所の営業・物流拠点にEDSS(物流管理システム)などのシステムを採用。地域ニーズへの対応やロスの軽減に役立てています。多様化するニーズに応じた膨大な量の商品を最新の物流管理とメーカーサポートにより全国にきめ細かく供給しています。


業界随一、北海道から沖縄まで全国をフォロー

ペット関連卸売業界で、いち早く全国を力バーするネットワークを確立。
ペット関連北は北海道から南は九州・沖縄まで、全国30箇所に及ぶ営業・物流拠点を擁し、多様化するニーズに応じた商品を、的確かつスピーディに提供しています。また、全国のマーケットをカバーするこれらの拠点網は、エコートレーディングが業界に先駆けて導入した POSやEOSなどの最先端システムと連動しています。このことは、地域に密着した営業・販売活動を展開するための情報拠点として、重要な役割を果たしています。

EOSやEDIを駆使した最新の物流センター

全国展開を続けていくなかで求められるのは、効率良く・より広範囲でスムーズかつスピーディな物流を行うこと。エコートレーディングでは、業界に先駆けて全国の物流センターにPOS(販売時点情報管理システム)やEOS(オンラインの情報交換による受注管理システム)を導入し、その要望に応えてきました。 また、それらをさらに活用するためのEDI(電子データ交換システム)を採用。このシステムは誰もが簡単に扱えるもので、物的・人的ロスを軽減させる上でも非常に大きな役割をもっています。

独自のシステムEDSSで物流と情報をリンク

情報管理を行う過程で、物流面を担うシステムとして独自に整備されたのがEDSS(エコートレーディング・ディストリビューション・サポート・システム)です。このEDSSは、情報とリンクしたPOS検品システムを主軸としており、出荷時におけるソースマーキング検品・ロケーション管理・自動発注など、物流面の管理を総合的にサポート。物流と情報をリンクさせたこのシステムにより、出荷作業にかかる時間の大幅ダウンを可能にし、物流コストの削減も実現しました。

メーカーへの発注や支払業務をシステム化

物流の効率化を図る上で、在庫管理が重要なポイントであることは言うまでもありません。それには、商品の安定供給が不可欠です。 そこで、商品の発注先であるメーカーとの取引において、整備されたシステムがEMSS(エコートレーディング・メーカー・サポートシステム)です。このシステムは、メーカーヘの発注の簡素化や統一化のほか、照合・支払い業務の自動化、実績情報のデータ交換などを行っており、メーカーとのやり取りをスムーズかつ的確なものにしています。